Club Profile  
   
   
  チーム正式名称  アトレチコ新宿 
  ホームタウン  新宿区 
  チームカラー  ブルー 


-HISTORY-

Official Sponsor
   
 Support Supplier  Support
   

FP_1stユニフォーム FP_2ndユニフォーム 
   
GK_1stユニフォーム GK_2ndユニフォーム
   


1:地域の新しいアイデンティティとして

2:スポーツを通した地域社会の交流、世代を超えた交流の場として

3:子供達の健全な育成と夢の実現を支援し豊かな未来を提供できるクラブとして

4:『感動を共有できる』『見て楽しめる』スポーツの提供

5:技術・競技力の向上、市民スポーツとしてのフットサルの普及・啓蒙活動・活性化

□■基本理念■□



アトレチコ新宿は地域密着型フットサルクラブとして、草の根レベルから
フットサルを普及・活性化させていき、地域を代表するフットサルチーム
となる事を目指します。またフットサルを通して地域の交流を促進し、
地域住民の健康増進にも寄与できればと考えております。

携わる全ての人と一体になって、常に夢に挑戦し、夢を叶えるための
全ての活動を行っていきます。


1.地域の新しいアイデンティティとして
 アトレチコ新宿は新宿区を代表する地域密着型フットサルクラブを目指し、公式戦や民間の大会・イベントに積極的に参加します。そういった活動の中で、地域のコミュニティの形成に寄与し、地域の活性化に少しでもお役に立ちたいと考えております。

2.スポーツを通した地域社会の交流、世代を超えた交流の場として
 アトレチコ新宿は男女問わず様々な世代の人達を受け入れ、また日々の活動やイベントを行っていく上で、
世代を超えた交流の場を提供します。
フットサルを通してより生活が充実し、人生を楽しむことができる場になっていければと考えています。


3.子供たちの健全な育成と夢の実現を支援し豊かな未来を提供できるクラブとして
 地域の子供たちの目標や憧れとなるチームを目指し、未来を担う子供達向けのイベントやスクール活動などにも
携わっていきたいと考えております。

4.『感動を共有できる』『見て楽しめる』スポーツの提供
 公式戦での気持ちのこもった熱いプレー、その他の試合でも魅せるプレーなども時には織り交ぜ、
観ている人に少しでも『感動を共有できる』『見て楽しめる』スポーツを提供していければと考えております。

5.技術・競技力の向上、市民スポーツとしてのフットサルの普及・啓蒙活動・活性化
 これまでの1〜4を通した活動を行っていくことで、出来るだけ地域への還元を果たし、
フットサルの魅力を少しでも広く伝えていければと考えています。
HISTORY
 

 北里大学薬学部の同級生が集い、体育館でパイプ椅子をゴールに見立ててボール蹴り始めたのが発端。
その後、メンバーの一人を学祭の実行委員に組み入れるという戦略的人事により
学祭でのフットサル大会開催およびそれに伴うフットサルゴールの購入に成功。
卒業して進学・就職とバラバラの道を歩み始めるも、年数回ほど大学に集いフッ トサルをする時期が続いた。

そんな中、2002年に後輩や高校時代の友人など仲間内を通じて様々な人たちが加わり『白金FC』を結成。
2002年度にリーガ天竜(関東3部)に参加した結果、4位という成績を残し翌年の2部昇格を果たす。

一方、2003年には東京都フットサル連盟主催のリーグ戦にも参加し始める。
2005年度の東京都3部リーグでは強豪ひしめく中2位という好成績をおさめ、
見事次年度の2部昇格を果たした。





 2008年、より高いレベルで戦える競技クラブとして、また、フットサルを通した地域活動なども行える、より継続的に活動していけるクラブ組織体制を整えるため、新宿区をホームタウンに活動していた「DABAI(S).f&c 東京」と共同し、DABAI(S).f&c 東京のトップチームである『DABAI(S).f&c 新宿』となりました。





 2011年、より強いチーム、より強い組織をつくるためNPO法人化し、それを気に心機一転、より多くの人が親しみや共感が得られるような名称にということで、アトレチコ新宿と改称しました。

 様々な方や団体、法人のサポートを得て、東京都1部昇格、そしてさらにその上のレベルを目指すべく、日々活動しています。
 現在、新宿区を代表するフットサルクラブとして、フットサル東京都2部リーグに参戦中。

 
Copyright c 2011 Atletico Shinjuku All Rights Reserved